“まずは相談”介護のいろいろ【介護の相談】無料お問い合わせサイト

2018年03月21日

認知症予防に思い出しテスト

年齢が進んでくると、色々な事が思い出しにくくなって、スラスラ出てこなくなり、イライラする場面が多くなってきます。

こんな時、年だからそんなものかなんて、思い出せないままに放って置くとだんだん脳はサビつきます。脳は使わないとすぐに怠けてしまいます。脳細胞動詞の連絡経路が錆びついてしまうと、どんどん脳の働きが鈍ってきます。

ここが認知症への一里塚であることに注意する必要があります。ここで一念発起して脳神経回路の錆落としをすれば、シャープな脳の働きを回復して楽しい老後を過ごす可能性がぐんと広がります。
どうすれば良いでしょうか?
「思い出せないことを懸命に思い出す」これを繰り返すことです。ウンウン唸って思い出そうともがくだけでなくて、インターネットでも辞典でも何でも使って思い出したいことにたどり着いて、答えを見つけたら、脳に定着させるために紙とペンを使ってノートに書き留めましょう。字を書くという作業も脳を刺激する良い訓練になります。

良い教材があります。
シニア世代の懐かしの昭和の出来事についての知識を確認するテストです。
興味のある話題なので、間違いなく楽しみながら脳トレが出来ますよ。

posted by longlive at 14:18| 認知症 予防